貯金に役立つ様々な情報
あらゆる手段を使って貯金を始めよう

自動積立定期預金で貯金を始めよう

自動積立定期預金の上手な利用法

リスクが少なく、しかも確実に貯金ができる方法が自動積立定期預金です。会社に勤めていて、その勤務先に給与から自動的に天引きされる「財形貯蓄」があるのなら、税金の優遇などのメリットがあるのでぜひ利用したいです。しかし財形貯蓄がない人は、銀行の積立預金商品をぜひ利用してみましょう。今、給与が振り込まれている普通口座から定期預金口座に自動的に積み立ててくれるので、とても便利です。入金のし忘れも心配ありません。もちろん、会社の財形貯蓄を利用しながら銀行の積立定期預金を併用するのもよい選択です。

自動積立定期預金は、銀行の窓口や郵送、ネットからでも申し込みができます。お勤めで平日に銀行には行けないという人も、ATMの近くにある申し込み用紙付きのパンフレットなどを利用して、郵送で申し込みもできます。ご利用中の銀行が、ネットでも申し込みができるかもしれないので確認をしてみましょう。はじめだけ少し手間がかかりますが、手続きを完了すれば、後は手間いらずで積立貯金ができます。また、自動積立定期預金を利用する時には、申し込み内容が自分で設定できます。

まず積立日ですが、普通預金に残高がないと定期預金への積立てができないので、給与日の翌日がおすすめです。これなら残高がなくて積立てができなかったという心配はないので、お金を毎月コツコツ貯めていくことができます。積立て額の設定は、大体の銀行では1万円以上からの取り扱いが多いですので、自分の収入に合った無理のない金額設定をしましょう。無理して金額を高めにすると、後々貯金が負担になる事も考えられるので、よく考えて設定してください。

そしてボーナスがある人は、ボーナス月に増額積立てをしてみましょう。いつもの積み立て額の3倍程度が無理のない範囲です。1万円でも増額すれば、貯金のスピードもアップします。そして満期の設定は貯金目標額から逆算して設定してはいかがでしょうか?貯金の目的が明確であればあるほど、貯金がしやすいと言われています。旅行や買い物など、目的を決めて積み立てをしてみましょう。金利はあまり望めませんが、少しでも得したい方はネットバンクの利用も考えてみましょう。

自動積立定期預金で貯金を始めよう

自動積立定期預金を始める

そもそも自動積立定期預金とは

自動積立定期預金の上手な利用法

ネットバンクの自動積立定期預金

自動積立定期預金以外の定期預金

外貨MMFで投資信託

外貨MMFとは

外貨MMFを始めてみる

外貨MMFと為替

外貨MMFのメリットとデメリット

新興国通貨って…なに?

新興国通貨とは

新興国通貨ファンド

新興国通貨のリスク

はじめての新興国の投資信託

新興国のBRICsとは

新興国のVISTAとは

社債を学ぶ

社債とは

社債のリスク

個人向け社債とは

転換社債とは

ワラント債とは

社債のメリット

©2016 あらゆる手段を使って貯金を始めよう