貯金に役立つ様々な情報
あらゆる手段を使って貯金を始めよう

社債を学ぶ

転換社債とは

転換社債とは、転換社債型新株予約権付社債といい、発行時に決められた条件でいつでも株式に変更できる社債の事を言います。発行時の条件に従い株式に転換することもでき、半年や1年ごとに利息を受け取る事もできますし株式への転換がなければ満期時には額面金額が戻ってきます。株式と債券を1つに合わせたのがこの転換社債です。株式に転換できるので普通社債よりも利率は低く、発行時の金利で固定金利になります。設定した転換価格での株式への転換により、これを売却して利益を得ることもできます。

社債のままで持っていれば、償還期日が来れば一定の利息と元本が戻るので株価が上昇しなければ社債のままでいれば良いのです。転換社債は、株価と連動しているので転換社債が値上がりをする事もあり、この場合は利益を得る事ができます。転換社債は、社債の安全性と株式の収益性の2つの良い面を合わせた金融商品とも言えます。より有利に運用したい人にはお勧めの商品です。

転換社債は証券会社で購入ができて、主なリスクとしては価格変動リスクと信用リスクが考えられます。額面金額は、10万円、50万円、100万円などになるのである程度まとまった資金をお持ちの方に向いているのではないでしょうか。利払いは1年に1回または2回でいつでも時価で売却ができます。株価が転換価格より上がれば値上がりしますし、株価が値下がりしても債券としての価値があるので、株式よりも値下がりを起こす事のない点がメリットです。株式よりも配当利回りが高いことが多く、日割りでの利息がつく事も特徴です。

いろいろな社債の種類がありますが、自分のニーズに合った金融商品を選ぶためには自分で調べる事と、専門家に聞くことが大事です。自分の持っている知識や情報と、専門家の高度な知識を合わせて、低リスクで比較的安全な社債の購入を目指したいです。

自動積立定期預金で貯金を始めよう

自動積立定期預金を始める

そもそも自動積立定期預金とは

自動積立定期預金の上手な利用法

ネットバンクの自動積立定期預金

自動積立定期預金以外の定期預金

外貨MMFで投資信託

外貨MMFとは

外貨MMFを始めてみる

外貨MMFと為替

外貨MMFのメリットとデメリット

新興国通貨って…なに?

新興国通貨とは

新興国通貨ファンド

新興国通貨のリスク

はじめての新興国の投資信託

新興国のBRICsとは

新興国のVISTAとは

社債を学ぶ

社債とは

社債のリスク

個人向け社債とは

転換社債とは

ワラント債とは

社債のメリット

©2016 あらゆる手段を使って貯金を始めよう