貯金に役立つ様々な情報
あらゆる手段を使って貯金を始めよう

社債を学ぶ

社債とは

社債という言葉を内容まではあまり知らないと言う人も多いのではないでしょうか?分かりやすく言えば、社債とは企業が発行している債券の事であり普通債券を主に指します。他にもいくつかの種類が債券にはあり、個人向け社債や転換社債、ワラント債などがあります。

定期預金の金利よりも債券の金利の方が高いことが多く、なおかつ株よりも始めやすい社債は、リスクが比較的低いので初心者でも扱いやすいと思います。債券の種類は、国債や政府関係機関債や地方債などの公共債と、社債や金融債などの民間債、外債の外国債といった風にどこが発行しているかによって分類されています。社債は、普通社債、電力債、NTT債、新株予約権付社債などがあり民間債の仲間になります。

企業が社債を発行する目的は、事業資金を集めるためです。定められた期日が来ると企業は、債券の購入者にお金を返します。それまでの間は利息を定期的に支払う事になるので、私たちが利息付で企業にお金を貸していることになります。社債が人気の理由には、金利が高めだという事が言えます。株よりも安全であり、企業が倒産しない限りは利息が受け取れ、期日が来れば貸したお金も返ってきます。

社債は利息が決まっていますが、株は企業の業績に左右され、配当金がない事も考えられます。この点からも社債はリスクが低いので、初心者でも安定した企業を選べば比較的安心して始める事ができます。償還期日まで持っていれば社債は額面金額が戻って来るのも安心して始められる点です。メリットとデメリットをよく考えて、とりあえず使い道が決まっていないお金の運用に、社債を利用するのも一つの方法です。

自動積立定期預金で貯金を始めよう

自動積立定期預金を始める

そもそも自動積立定期預金とは

自動積立定期預金の上手な利用法

ネットバンクの自動積立定期預金

自動積立定期預金以外の定期預金

外貨MMFで投資信託

外貨MMFとは

外貨MMFを始めてみる

外貨MMFと為替

外貨MMFのメリットとデメリット

新興国通貨って…なに?

新興国通貨とは

新興国通貨ファンド

新興国通貨のリスク

はじめての新興国の投資信託

新興国のBRICsとは

新興国のVISTAとは

社債を学ぶ

社債とは

社債のリスク

個人向け社債とは

転換社債とは

ワラント債とは

社債のメリット

©2016 あらゆる手段を使って貯金を始めよう