貯金に役立つ様々な情報
あらゆる手段を使って貯金を始めよう

新興国通貨って…なに?

はじめての新興国の投資信託

はじめて新興国ファンドを購入する時には、新興国特有のリスクを考えて選ぶことが大事だといえます。新興国のファンドには、新興国の政府や企業などが発行する好利回りの債権、新興国の成長を受け入れる株式に投資するファンド、新興国の高金利通貨を投資対象とするファンドの3つが主流です。新興国への投資は、それぞれの国の政治状況や経済状況、社会的不安要素や物価上昇などによるインフレなどが影響を与えています。リスクの大きさや種類、自分が受けられるリスクの範囲の確認をして、投資先を選択しましょう。

はじめての場合は、リスクを少なくするためにいくつかの国や地域に分散して投資することが重要でしょう。さらに、状況に応じて投資する国のバランスが調整されるバランスファンドが良いと思います。これは、プロが効率の良い資産の配分を決定してくれるので、定期的に自分で調整する手間が省けますので便利かつ、安心でしょう。

新興国ファンドは、中国やインド、ブラジルなどといった各国への投資や、アジア、南米、東欧などというような地域でのまとまりで投資するもの、BRICs、VISTAといった経済成長の状況で区別されたグループに投資するもの、21か国のMSCIエマージングマーケットインデックスを指標に運用されるものの4つに大きく分けられています。世界銀行やIMF国際通貨基金などの国際機関からのGDP成長率の見通しを参考にして、どの国や地域に投資するか判断することもできます。

新興国の中でも人口、経済規模の大きさ、成長率が大きいBRICsや高成長に期待できるアジア諸国やBRICsを含んでいるエマージング市場などが無難な投資先として人気が高いようです。ただ、高リターンですが常にハイリスクであるという事を頭に入れておくべきだといえます。

自動積立定期預金で貯金を始めよう

自動積立定期預金を始める

そもそも自動積立定期預金とは

自動積立定期預金の上手な利用法

ネットバンクの自動積立定期預金

自動積立定期預金以外の定期預金

外貨MMFで投資信託

外貨MMFとは

外貨MMFを始めてみる

外貨MMFと為替

外貨MMFのメリットとデメリット

新興国通貨って…なに?

新興国通貨とは

新興国通貨ファンド

新興国通貨のリスク

はじめての新興国の投資信託

新興国のBRICsとは

新興国のVISTAとは

社債を学ぶ

社債とは

社債のリスク

個人向け社債とは

転換社債とは

ワラント債とは

社債のメリット

©2016 あらゆる手段を使って貯金を始めよう